義歯(入れ歯)

shutterstock_201258875.jpg

当院では保健内治療から、金属床義歯やノンクラスプデンチャーなどの自費診療まで様々な治療を患者様にご提供することが可能です。
入れ歯に対して様々なお悩みを抱えている患者様がいらっしゃいます。入れ歯が痛い、入れ歯が良く噛めない、入れ歯の見た目が気になるなど極力、保険の範囲内で対応できるようにしています。しかし、患者様のご要望におこたえして、自費の入れ歯も作製しております。入れ歯には様々な種類があり、患者様の生活習慣やご要望に応じてオーダーメイドの入れ歯を提供しています。
また入れ歯を使われるのが初めての方は入れ歯の使い方や、入れ歯のメンテナンス方法などにまずは慣れて知っていただくことが必要になります。
自費の入れ歯についても幾つかの種類をご用意しておりますので、メリットとデメリットを必ずお伝えして、ご自身でご選択していただいております。
義歯に関するお悩みはお気軽にご相談ください。

 

部分入れ歯

g-1.pngブリッジが出来ないくらい歯の抜けている本数が多い場合に作製する場合が多いです。残っている歯に金属のバネ(クラスプ)かけてピンクのプラスチックの部分(床)に人工の歯をつけて作製します。ブリッジの比べれば歯はほとんど削らないてよいのがメリットですが、装着感が悪かったり、手入れが面倒だったりするのがデメリットです。


 

総入れ歯

g-2.png歯がすべてない場合、ピンクのプラスチックの部分(床)と人工の歯だけで作製します。総入れ歯は歯が1本もなく金属のバネ(クラスプ)をかける歯がないため、入れ歯の吸着力だけで固定させます。部分入れ歯に比べれば固定させるのが難しいのでお口の周りの筋肉の動きを記録させて入れ歯の型を取ります。

 

 

入れ歯の作製の手順をご説明いたします。

1回目 簡単な型取り この型から精密に型をとる道具をつくります。

2回目 精密な型取り この型から作った模型で入れ歯をつくります。

3回目 高さを測る 精密な模型で高さを測る道具を作り入れ歯の高さを決めます。

4回目 歯並びを合わせる 仮の歯並びで、実際に口に入れて歯並び及び高さを、確かめます。

5回目 入れ歯の装着・調整 完成した入れ歯を装着して調整を行います。

但し、入れ歯の本数や場所によっては、はぶける工程があり回数も減ります。
抜けてる本数が少なく小さい入れ歯の場合、型取りと入れ歯装着の最短2回でつくることも可能です。


義歯(入れ歯)の装着後の注意

★入れ歯装着後は軟らかい物からたべるようにし、少しずつ慣れていくといいです。
★入れ歯が合わなかったり痛みが出た場合、無理に使用しないで下さい。(入れ歯の調整で、たいていの場合痛みはなくなります) 
★最初は何回か入れ歯の調整のためご来院してください。


入れ歯のお手入れ方法

★寝る前には、入れ歯を外して水中で保管して下さい。(入れ歯の装着した時に入れ歯ケースをお渡しします)
★入れ歯を洗う時には、入れ歯が傷つきますので歯磨き粉は使用しないでください。多くの歯磨き粉には研磨剤が含まれており、この研磨剤が入れ歯の表面に見えない傷を付けてしまい細菌やカビが繁殖する原因になってしまいます。

★入れ歯を不衛生な状態で使用していると細菌が繁殖し口臭の原因になるほか、全身の健康にも悪影響を及ぼしかねないので、1日に1度は丁寧に汚れを取り除き、清潔な状態を保つことが重要です。


即時義歯  前歯がグラグラで抜けそうな方のおすすめします。

歯を抜くのと同時に入れ歯を装着できます。歯を抜いてから入れ歯をつくりますと、歯がない期間ができますので、歯を抜く前に入れ歯の型をとり入れ歯の作成をします。歯を抜く部分の歯や歯肉の形態を予想して入れ歯を作成します。前歯を抜歯される場合に他の方にわからないように治療するのにとても有効な方法です。前歯が抜けてしまってからではすぐに入れ歯を入れることがでいないので、歯がぐらつき始めたら早めの受診をおすすめします。また即時義歯は健康保険が作製することができます。


残根上義歯

残根上義歯は残っているご自身の歯の根は抜かずに歯の根を覆う入れ歯をつくります。この方法ですと抜歯のリスクを避けることができます。歯肉の衰えゆるやかになることが期待できます。
残根とは虫歯になって放置していたり、治療の途中ででそのまましまったりして、歯の根しか残ってない状態です。 

 

 

自費診療

金属床義歯 入れ歯の土台となる部分金属で作る入れ歯のことです。保険の入れ歯(プラスチック)に比べて丈夫な入れ歯です。金属でつくる為、入れ歯を薄くつくることができます。お口の中を広く感じさせ、熱も伝わりも良いのでおいしく食事をたのしむことができます。
料金 12万円~18万円 (税込み)

1053.jpg






 

 

ノンクラスプデンチャー 見た目を良くしたい方に最適です。金属のバネが見えるのが嫌な方にお勧めしています。入れ歯の支える部分を、金属のバネの変わりに歯ぐきの色に近い樹脂で作ることで目立たなくします。

g-3.png

 

 

ブリッジ

ブリッジ治療とは、歯が抜けてしまった場合に、両隣りの歯を削って土台を作り、橋渡しをするように人工の歯を入れて欠損部分を回復する治療法です。
メリットは入れ歯に比べて固定式で、しっかり噛むことができメンテナンスも楽です。
デメリットは、残っている前後の歯を使用しブリッジの安定化をはかるので、抜けてしまった歯の前後の歯を削らなくてはなりません。
保険治療でつくることができます。
入れ歯とブリッジの違いは診療の時、くわしく説明させて頂きます。 

10531.jpg10532.jpg


自費診療

セラミックブリッジ  奥歯のブリッジを、保険治療で治療すると銀歯になります。笑った時に銀歯が見えてしまうのが嫌な方にお勧めします。歯と近いでつくることが、できます。また前歯は保険治療でも歯に近い白いブリッジをつくれますが、変色する傾向にあります。セラミックブリッジは、変色の心配はほぼありません。
 

10533.jpg