虫歯の治療

m-1.png

虫歯が小さく神経まで進行していない場合は虫歯になっている部分を削り取って、歯の色に近い白い樹脂の詰め物を入れるか、もしくは部分的に強度の強い金属をいれます。
虫歯が大きく神経まで進行している場合は、麻酔し神経をとる治療を行った後、さし歯や銀のかぶせをします。

shutterstock_405770974.jpg

虫歯の進行段階

① C1(歯の表面の虫歯) 歯の表面が溶け出し穴が黒っく変色します。

② C2(神経に近い虫歯) 歯の奥まで虫歯が進行して熱い物や冷たいしみたりして痛みが出る頃です。

C1、C2は虫歯が神経まで達してないため虫歯になった部分を除去して詰め物を入れて治療します。

③ C3(歯の神経まで進んだ虫歯) 虫歯が神経まで達し大きな穴があき激しい痛みがでます。歯の神経を取る治療が必要です。

④ C4(歯が崩れた末期の虫歯) 歯の大部分が溶けてなくなった状態です。抜歯が必要な状態です。


歯に白い詰め物(コンポジットジットレジン)による治療

.jpg

小さな虫歯をコンポジットレジン(歯科用のプラスチック)で詰める治療方法です。保険適応で治療できます。虫歯を除去して軟らかいコンポジットレジンを詰めて専用の光を当てることによって硬くなります。強度があまり強くないので、噛む力が強い方や虫歯が大きい場合は、詰め物が割れてしまう為、保険適応の銀の詰め物か、自費治療のセラミックインレーにする必要があります。

m-3.pngm-4.png

患者様の歯に合った色を選択してコンポジットレジンをつめます。


インレー(奥歯の銀の詰め物)による治療

奥歯の虫歯を除去して歯型を取ってつくる銀の詰め物です。金属なので強度が強く保険適応で治療できます。奥歯は噛む力がため大きい範囲の虫歯の場合にインレーで治療します。

m-5.png


歯の神経取る治療(抜髄処置)の流れ

虫歯が深く、虫歯が神経に達すると痛みをとるために神経をとる必要があります。麻酔をした後、虫歯を完全に除去して歯の神経とり神経のあった場所に薬(根充剤)をつめて、レントゲン撮影します。
歯の神経をとって神経のとった場所に薬をつめるまで、治療回数、時間、費用がかかります。歯の神経をとらなくてすむ初期虫歯のうちに治療することが大切です。


感染根管治療の流れ

感染根管とは虫歯菌が歯の内部に侵入して感染した状態です。そして根の先に病巣ができます。レントゲンで病巣が確認できます。症状がない場合もありますが、通常は咬んだ時に痛かったり、何もしくても違和感や痛みがでてきます。歯の根の先を針(ファイル)のような器具と消毒液できれいにします。何回か消毒を繰り返し、きれいになれば、薬(根充剤)をつめてレントゲン撮影をします。


 

自費診療

セラミックインレー  

部分的に詰める方法(インレー)を、保険治療では金属を使用しますが見た目の良いセラミックを使用します。セラミックインレーは色合いや質感が、天然歯と見分けがつかないほど自然で、ほぼ変色もほぼありません。

IMG_2033.JPG

中央の歯のかみ合わせ部分に入っているのが
セラミックインレーです。 

ゴールドインレー 

金属なので強度が強く、強い力のかかる部位に使用できます。貴金属なので非常にさびにくく、金属アレルギーの起こる可能性は低く、適合も良いです。

.png