歯周病

現在の患者様の歯周病の状態を把握して、患者様一人一人の状態に合わせた治療計画を立てて治療を初めていきます。

歯周病とは歯肉や歯槽骨(歯を支える顎の骨)に生じる病気です。
健康な歯ぐきの状態は歯と歯ぐきがぴったりくっついています。
歯周病になると、歯周病菌が歯と歯ぐきのすきまに入り込み歯槽骨(歯を支えている骨)を溶かしてしまいます。歯槽骨が溶けてしまったら、歯を支えることが出来ませんので、歯が虫歯になっていなくても歯が抜けてしまう場合があります。
歯周病は日本人の80%以上がかかっていると言われています。
歯周病の原因はばい菌(プラーク)ですが、虫歯と違い、初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、以下のような自覚症状が出たときには既に歯周病がかなり進行している事が多いのです。

<歯周病の症状 例>
●歯ぐきからの出血●口臭●口の中がネバネバする●歯ぐきが腫れる●歯ぐきが下がった●歯がグラグラする。 

痛みがないまま進行するの場合がほとんどですのので定期的に検査を行って治療していくことが大切です。
症状が進行すれば、最悪、抜歯しなければならないこともあります。予防と早期の治療が大切です。
歯並びなどの関係でプラークの完全除去が自分でできない患者さんのために、歯石除去や着色の除去などを行っています。症状に応じてかみ合わせの調整など行います。
歯周病は慢性疾患のため、症状が出てから集中的に治療するよりも、日々のケアを怠らないことが重要です。歯磨きでお口の中をきれいに保ち、定期的に検診とクリーニングを受けることが大切です。
初期の段階で適切な治療を行えば、比較的簡単に歯周病を防ぐことができます。


m-2.png

PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaningといい、P(専門家) M(機械的) T(歯) C(清掃) の略で専門家による機械を使った紙面清掃を意味します。歯周病の予防に非常に効果的です。クリーニング専用の機械や回転ブラシ、歯周病治療向けの超音波洗浄器具などを使って、タバコによる黄ばみやコーヒー・紅茶などによる着色を落とす方法です。

歯周病の原因は歯垢(プラーク)や歯石です、自分では除去しきれない歯垢(プラーク)や歯石を歯科医院で定期的なクリーニングや歯石除去が必要です。患者様により再沈着の時期に差がある為、次回の来院されるされる時期を判断しお提案いたします。3か月に1度が一般的です。


歯周病の進行の段階

歯周病が進行すると、歯周ポケット(歯と歯ぐきのすき間)が深くなります。

.jpg

①歯肉炎 歯垢(プラーク)が原因で歯ぐきに炎症を起こしている状態です。歯周ポケット3mmぐらいです

②歯周病(軽度) 炎症がひどくなり、歯槽骨(あごの骨)に破壊が始まる時期です。歯周ポケット4mmぐらいです。

③歯周病(中度) 歯槽骨(あごの骨)の破壊が進み、歯がぐらつきはじめます。歯周ポケット5~6mmぐらいです。

④歯周病(重度) 歯槽骨(あごの骨)の破壊がさらに進み、歯がぐらぐらになり、抜歯が必要な時期です。歯周ポケット7mm以上ぐらいです。


歯周病と全身疾患の関係

★糖尿病が悪化するリスクが高まる
★冠動脈性心疾患での発作のリスクが高まる
★妊婦の方の低体重児の出産や早産のリスクが高まる
など歯周病にかかってる人が一般的に誘発されやすいといわれている病気や症状です。


口臭治療

口臭の原因は様々ですが、口の中の清掃不良、歯周病、進行した虫歯などの原因がほとんどです。
内臓による内科的な原因による口臭以外は、歯石除去、ブラッシングなどの徹底的な清掃習慣の改善及び虫歯の適切な治療で、ほとんどの場合改善されます。


 
 

かみ合わせ

口腔内のバランスは、全身の健康と密接な関係があります。
1ヶ所のかみ合わせの悪さが原因で、頭痛や肩こりをはじめ、全身に影響を及ぼすこともあります。
当院では被せ物の高さ調節等、かみ合わせ治療により全身の健康維持をお手伝いさせて頂きます。

 

顎関節症

かみ合わせの不具合により顎関節症になることが少なくありません。また顎関節症でお困りの方はかみしめやくいしばりなどのくせがあることが多いです。不要な力が歯にかかり顎につたわります。顎関節症だけでなく、あごや首周辺の筋肉疲労や歯のすり減りなどに影響します。それらのくせを意識的になくすことが大切です。

顎関節症の症状は口を開けようとすると痛い、あごを動かすと音がする、口が大きく開かないなどがあります。

顎関節症の治療
★かみ合わせの調整(すり合わせた時に引っかかりのあるところを調整します)
★スプリント療法 (マウスピースを使って顎の負担を軽減します)
★被せ物の治療(必要に応じてかぶせ物をやり直す場合があります) 
それらの治療を組み合わせて治療します。

 

 

小児歯科

shutterstock_177373337.jpg
お子様に虫歯があると、食物をよく咬
むことが出来ないため身体や顎の発育に影響をあたえます。定期検診で虫歯の早期発見、早期治療が大切です。
放置すると大人の歯がきちんと、きめられた場所に生えることが出来ず、歯並びが悪くなったりします。
また、生え立ての永久歯は虫歯の進行しやつい特徴があります。特に奥歯の表面には大小の溝があり最も虫歯になりやすい場所です。虫歯になりやい時期に虫歯にならないように、ブラッシングや定期検診などで虫歯の予防を徹底的に行うことが大切です。

ご希望であればお子様の付き添いで来られた親御さんに一緒にに診療室にお入り頂き、実際に治療している様子をご覧いただています。治療を受けている様子が分かるため、安心して治療を受けさせて頂くようにしています。

 

★浅い虫歯の治療

比較的浅い虫歯の治療は、虫歯を除去し歯の色に近い白い樹脂を詰めて治療します。麻酔が必要になる場合は少ないです。

★深い虫歯の治療
虫歯が大きく神経まで及んでしまうと強い痛みが出てきます。この場合は麻酔をして神経を取る必要があります。治療回数も多くかかります。また後から生えてくる永久歯にも悪影響を及ぼすことがありますので、虫歯が大きくなる前に受診されることを、お薦めします。 

★乳歯の抜歯
乳歯がもうすぐ抜けそうな状態で永久歯が生えてきた時は、そのまま様子をみますが食事の際、痛みがでる場合などは保護者様やお子様とご相談のうえ抜歯する場合がございます。
乳歯が抜けそうにない状態で永久歯が生えてきた場合、永久歯の位置にズレてしまう場合は、乳歯の抜歯をお勧めします。


1053.jpg

当院で抜いた乳歯については、上の写真の乳歯ケースに入れてお渡しします。


虫歯の予防

シーラントやフッ素塗布をおこない、虫歯の予防をおこなっております。
6歳頃生え始める子供の奥歯は溝が深く虫歯になりやすいのです。
そこで、歯の溝をフッソを含んだシーラント(歯科用の樹脂)で覆い、虫歯ができにくい状態にします。フッソ塗布を、定期的に塗布し虫歯になりずらい強い歯を形成します。乳歯や生え替わったばかりの永久歯にとても効果的です。
当院では来院されたお子様には、フッソ塗布は無料で実施しています。
又、フッソ塗布やブラッシング指導で使ったハブラシは、無料で持って帰ってもらってます。
またご希望の方には定期的にリコールはがきをお送りしております。

 

妊娠中・授乳中の治療

妊娠中の歯の治療

s-1.5.png

妊娠中は女性ホルモンが増加や、つわりによって歯磨きが難しくなり磨き残しが多くなり、虫歯や歯肉炎にかかりやすくなります。中程度以上の歯周病にかかると、低体重児の出産や早産のリスクが高まると言われています。レントゲン撮影はどうしても治療上必要でなければ避けるべきです。薬物も同様になるべく避けるべきです。歯科麻酔は使用量を最小限にとどめますので、心配はございません。妊娠中の治療の最適な時期は4か月から7か月の安定期です。

 

授乳中の歯の治療

s-2.png

レントゲン撮影や歯科麻酔は授乳には影響はありません。問題なのは痛み止めなどの薬の服用です。薬を服用してから5~6時間は、授乳しないようにしてください。痛み止めなどの薬の服用がいらない初期虫歯の治療をおすすめします。

妊娠の可能性のある方、妊娠中・授乳中の方は必ずお申し出ください。
妊娠中・授乳中の方にも安心してご来院いただけるように、問診、治療の体制を整えてます。 

 

 

予防歯科

当院では予防歯科に力を入れています。悪くなってからの治療ではなく、悪くなる前の事前の予防が重要です。
歯周病になってしまった後には、度合いにもよりますが、重度の場合、抜歯の必要性も出てくるなど歯を失うことにもつながります。
予防歯科の主な治療方法については、定期的なメンテナンス(リコール)を受けていただくことが大切です。
歯のクリーニングや、ブラッシング指導を受けていただくことにより、患者様ご自身では綺麗に落としきれなかった箇所の汚れを取り除くことができます。

また、ブラッシングにつきましてもそれぞれの患者様によって、ブラッシングの癖がありますのでその癖をお伝えさせていただいたり、上手く磨けないところを磨かせていただくことで口腔内の汚れを定期的にきれいにしております。 

3122385.jpg


知覚過敏

知覚過敏とは特に虫歯になっているわけでもないのにたい(温かい)物、甘い物を食事を食事した時、ハブラシなどで痛みです。

原因は歯磨きの時、毎日強いブラッシングで歯の表面のエナメル質が削れたりしてしまう場合や、歯ぎしりでエナメル質や歯ぐきや歯槽骨にあたえてダメージを与えてしまい歯の中の神経を刺激して症状があらわれます。

治療方法は歯の神経に刺激が伝わりにくいよう、歯の表面に薬剤を塗ったり、詰め物(歯科用のプラスチック)を詰めることにより刺激を遮断し症状の改善をはかります。
どうしても痛みが取れない時は歯の神経を取って痛みをとる処置をする場合もあります。神経を抜いてしまえば痛みはおさまりますが、なるべく神経を抜かない治療方法を選択します。神経を抜いてしまうと歯が変色したり、歯質がもろくなったりします。
 m-6.png

知覚過敏を抑制する薬剤です。
歯をコーティングすることにより歯の神経の刺激を抑制します。